ミュゼ渋谷駅前店に通ってる方の体験談.トウコマハルさん

私は現在31歳で、ミュゼに通い始めたのは約10年前の22歳くらいだったと思います。

脱毛しようと思ったきっかけ

私が最初に『脱毛サロン』の存在を知ったのは高校生の時です。クラスメートが脇の永久脱毛に通い始めたと聞いて、当時自己処理に伴う悩みを抱えていた私は、その友人が羨ましく思いました。

私の自己処理方法は、基本的には毛抜きで一本ずつ抜くやり方でしたが、これがとにかく時間がかかるし、腕をずっと上げていたり、鏡を見ながら一本ずつ毛抜きで挿んだりするのが本当に面倒でした。

かと言って剃刀で剃ってしまうと、すぐに生えてくるし、剃った後も触るとチクチクする感じだし、何よりの問題は毛がどんどん太くなるという悪循環しかなかったので、嫌々毛抜きで処理をしていました。

しかし、毛抜きで抜くと、次に生えてくる毛が埋没するのです。毛穴の中でくるくると丸まって、皮膚の外に出てこられず、仕方なくそれを掻き出すようにして埋まった毛を外に出す。

そうすると、皮膚が傷つくし、赤身も出たりして、私の脇はどんどん汚くなる一方でした。一本の毛穴から2、3本生えてくることもあって、このままどんどん増毛していくのではないかと自分の脇の未来に恐怖すら感じていました。

脇に対するコンプレックスが本当に強かったので、夏場でもノースリーブなんて絶対着られなかったし(二の腕の太さを隠す為にも・・・)、半袖でも、電車内で吊革につかまったりすると脇が見えてしまうので、七分丈のカーディガンを羽織ったりして、とにかく脇を誰にも見せられずにいました。

そんな私がミュゼを知ることになったのは、当時すでにミュゼに通っていた友人の勧めがあったからです。彼女の脇は、確かに綺麗でした。実際にそういう実例を目の前にして、私も希望を持てました。

通い始めて10年くらい経ちますが、今は一年中ノースリーブでも良いくらい脇のコンプレックスは解消されました。自分で手入れすることもありません。本当に楽です。

通い始めた頃付き合っていた彼には、脇なんて絶対に見せられませんでしたが、その彼と別れた後もコツコツ脱毛を続けたことで、脇にも恋にも自信が持てるようになって、おかげさまで今の彼にはいくらでも見せられるようになりました(笑)

ムダ毛の自己処理は、脇以外にも足や腕など、気になり出したらキリがありません。私はどちらかというと色白気味なので、足や腕に剃り残しがあったり、脇同様埋没毛があったりすると、とても目立ちました。それも解消できるならと、今では全身脱毛コースまで進んでいます。

ミュゼに通うまでは、自己処理で済むものをお金かけてやるなんて無駄なことだと内心思っている自分もいましたが、確かな効果を実感している今、お金をかける価値は十分すぎるくらいあると思います。

綺麗になって自信もついて、脱毛は心身ともに良いことばかりですよ。

以前の脱毛サロンに対するイメージ

よくよく思い出してみると、これといってミュゼと比較をした店は無かったなと・・・私は実際に自分で脱毛サロンに通うまで、『脱毛サロン』というものにあまりイメージがありませんでした。

そもそも、『脱毛サロン』そのものに、しつこい勧誘、お金がかかる、本当に効果があるのか、といった不信感のようなものがあったので、

友人にカウンセリングを受けてみないかと言われるまで、自分から脱毛サロンについて調べることもありませんでした。

以前も書きましたが、実際ミュゼで効果を得ている目の前の友人がどんな情報よりも信用できると思いましたしね^^。

ミュゼでカウンセリングを受けたその日に契約を決めて、それ以降は自分も効果を疑うことなく現在まで通い続けているので、他店との比較したことはなかったですね~。

イメージとしては、しつこい勧誘をされて断るのが難しそうとか、どんどん新しいコースを契約させられてお金がかかりそうとか、そもそも脱毛サロンに通って本当にムダ毛が生えてこなくなるのか・・・そんな不信感のようなものがありました。

以前、脱毛サロンではありませんが、痩身を謳ったサロンで、高い矯正下着を買わされそうになって、『要らない』とはっきり断っているのに、契約するまで店の外に出してもらえないような雰囲気で、こわかったことがありました^^。

『新興宗教ですか?』と言いたくなるような精神論を並べて延々とセールストークを聞かされた経験がある為、女性が綺麗になる為の『サロン』というもの全てに、不信感や恐怖みたいなものを感じていました。

というわけで、ここから下では、そんなわたしが、ミュゼに通うようになったきっかけを、書きますね。

ミュゼの感想4

【現在の年齢と、実際に脱毛を開始した年齢、店舗の立地について】

私は現在31歳で、ミュゼに通い始めたのは約10年前の22歳くらいだったと思います。当時私は都内在住でフリーターでした。

ミュゼの存在を知ったのは、実際にミュゼの会員である友人に『紹介キャンペーンがあるからカウンセリングだけでも受けてみない?』と言われたことがきっかけで、その友人が通っていた渋谷店で私もカウンセリングを受けました。

渋谷店は、東急線・地下鉄各線の渋谷駅からは徒歩1分、JR各線の渋谷駅からは宮益坂出口を出て徒歩3分という、買い物や食事のついでに立ち寄れる好立地の場所にあります。

ちょうどビックカメラの向かい側にあるビルなので、初めての方でもすぐ分かると思います。

ミュゼの都内にある店舗はそのほとんどが駅から徒歩数分なので、電車で通う方にはとても便利です。

実際私も、契約した渋谷店でなかなか予約を取れないことが多かった為、近隣店舗をあちこち訪れましたが、どこも歩いてすぐなのでとても助かりました。

今は茨城県に引っ越した為、通う店舗はそのほとんどが車の必要な場所ばかりですが、都内と違ってショッピングモールや商業施設の一角にお店が入っているので、休みの日に家族と買い物がてら出かけて、私がお手入れしている間は家族も色々とお店を見て回ったりして時間を潰してくれているので、そういう地域的な条件を配慮した立地も長く通い続けられる要因の一つだなと感じています。

それと、私がよく利用する茨城や栃木のお店は、商業施設の中とは言え、少し奥まったところにミュゼが入っていて、普通に買い物をしている方からはあまり意識されないような場所にあるので、それが正直嬉しいなと感じます。

都内でも、ビルの中に入ってしまえばどこに行ったのか外からは分かりませんよね。それが個人的にはすごくありがたいと思っています。これは私の考えですが、『脱毛』って正直恥ずかしいのです。

今でこそ『脱毛』は広告やCMでも大々的に宣伝していて、自分も実際にミュゼに出入りして『脱毛している人って沢山いるんだな』と分かった今だから友人にも話せるようになりましたが、

通い始めの頃は脱毛しに行くというのを他人に知られると、自分とムダ毛のイメージがリンクしてしまいそうで、ミュゼに入店するときも『あの人今からムダ毛処理するんだ』と思われたら恥ずかしいと思っていました。

そういう意味ではプライバシー的にも配慮されている気がして、安心して通うことができました。

ミュゼでの回数ごとの変化について。トウコマハルさん

2017.05.16

VIO脱毛画像で人気アンケート。ハイジニーナと逆三角形は何位

2017.09.09

panasonic ソイエの口コミ

2017.05.20

コスビューティの口コミ

2017.05.17